万博ジュニアサッカースクール
  • 万博ジュニアサッカースクール
  • 万博ジュニアサッカースクール
  • 万博ジュニアサッカースクール

万博ジュニアサッカースクール 万博ジュニアサッカースクール

  • 毎日ジュニアから万博ジュニアへ

    「万博ジュニアサッカースクール2020」は、「毎日ジュニアサッカースクール」から歴史と経験を継続し、新しく移り変わりました「万博」というネーミングも、「独立行政法人万博記念機構」から正式に了解を得た名前です。名前は変わりましたが、練習会場や指導者・駐車場のご利用などの変更はありません。引き続き万博少年球技場で年間を通じて継続実施して行きますので皆さまのご参加をお待ちしています。

  • 指導者のサッカー愛と抱負な経験と知識

    万博ジュニアサッカースクール2020の最大の特長は、指導者たちの「サッカー愛」が強く、経験と知識が豊富なことです。当スクールの多くの指導者は、「日本サッカーの夜明け前」と言われる時代からサッカーを始めて、中学校・高校時代は大阪の代表として、全国大会や近畿大会に出場し、優勝を勝ち取るなど素晴らしい成績を残してきましたが、未だ「サッカー愛」は冷めることを知りません。
    「サッカーが進歩するのでない。サッカーをする人間が進歩するのだ」と元アルゼンチン代表監督セザール・メノッテイの名言どおり、時代とともにサッカーのスタイルも移り変わっていきましたが、いつの時代もサッカーはシンプルで美しいスポーツです。サッカーの進化は選手すなわち人間の向上でなされるものと説いています。

  • サッカーは子供を大人にし、大人を紳士にするスポーツ

    当スクールの指導者の多くは、「子育て経験者」であることも大きな特徴です。その経験上、最初から何でも上手くできる子どもは稀だということを知っています。また、様々な面においても、個人差があることも同様に理解しています。当スクールの指導者たちの子どもたちへの接し方は、子どもたちを規律ある健全なサッカー選手として育むことを目標としています。団体スポーツとしての規律を身に付け、互いに助け合えることを惜しまず、スポーツとして勝ち負け両方を受け入れることが大切だと考えています。

  • 父母の皆さまのお手伝いは一切ありません

    当スクールでは、「父母の会」「お茶の当番」「車での他会場への送迎」といった父母の皆さまのお手伝いは一切ありません。ご用意していただくことは、お子様の体調管理、水筒にお茶を入れていただくこと、練習参加への準備、そして練習会場への送迎だけです。 また、練習時にはサッカー好きなお父さんにも、ミニゲームなどに参加していただき、親子でサッカーを楽しんでいただく機会も設けています。このような雰囲気も当スクールの特長のひとつです。

  • ボールコントロールが全ての入口

    「サッカーが上手になるにはどうしら良いのでしょう?」よく聞く質問です。世界中のクラブ関係者も常日頃から頭を悩ましている問題です。「サッカーに正解はない」と言われているように、練習にも正解はありません。この練習をすれば絶対に上手くなるという練習があるのなら、世界中のチームが同じ練習行い、同じようなチームができていることでしょう。先ず大切なとは、「基本的な練習」を繰り返すことです。自分の思った通りにボールコントロールを行うためにはスピード感を持って体を自由に動かせる能力と一瞬でプレーを選択する判断力が必要です。
    「空飛ぶオランダ人」と呼ばれた天才、ヨハン・クライフは「ボールコントロールが全てだ。ボールをコントロールできなければボールを追いかけて走ることになる。それは、もはやサッカーでなく別のスポーツだ」と言っています。選手がボールをコントロールするのです。ボールを追いかけて走るのではなく、走ったところにボールが来ることが大切です。

  • サッカーの簡単なルール

    サッカーのルールは、他のスポーツと比較しても至ってシンプルです。試合中は、GKや一部のプレーを除いて、「手」の使用はできません。ルールの中でも反則となるのは、相手を引っ張る、手で押すなど「人として行ってはならないこと」ばかりです。ルールの中で、少し複雑と思われるのは「オフサイド」くらいだと思います。オフサイドは、要するに相手GKの前でボールがくることを待っているのは反則としたものです。オフサイドの言葉の意味は、サイドは味方、オフは離れているとい意味がありますので、「味方から離れすぎ」「待ち伏せはだめ」と考えて良いでしょう。

  • 自由を自在に操る

    サッカーのプレースタイルは、選手独自の「自由な発想に基づいた技術」で構成されています。バレーボールでは選手は1回しかボールに触ることができませんが、サッカーではボールに触れる回数は「自由」で制限はありません。ボールコントロールの方向や高さなども「自由」で選手の判断に任せられます。また、選手の走る方向、距離、スピード、走り出すタイミングも「自由」です。このような「自由」が溢れる状況で、世界の一流選手たちは、一瞬で最適の「自由」を「自在」に操り、意外性のあるアイデアを含めた独創的なプレーを披露しています。

  • 長く付き合うことの楽しみと皆さまの慧眼に感謝

    サッカーは、世界で一番人気のあるスポーツです。そしてサッカーは、選手、ファン、サポーター、指導者といった様々なスタイルで一生楽しみながら付き合うことのできるスポーツのひとつです。世の中にたくさんのスポーツがありますが、サッカーに興味を持たれたこと、サッカー選手を目指された事、そして、このホームページをご覧いただいた皆さまの慧眼に心から感謝いたします。
    「万博ジュニアサッカースクール2020」へのご参加をお待ちしています。

万博ジュニアサッカースクール2020 監督 猪井将光